• ameba
  • twitter
  • facebook
  • YouTube
  • amazon
  • レコチョク
  • iTunes

PROFILE

  • GORI

    ゴリ

    Bass

    1984.6.13 / B型

  • TEEDA

    ティーダ

    MC

    1984.12.28 / A型

  • KENJI03

    ケンジスリー

    Vocal / MC / Guitar

    1984.9.25 / O型

  • SHU

    シュウ

    Guitar

    1984.10.24 / B型

●BACK-ON PROFILE

様々なジャンルの音楽が融合したハイブリッドなROCK BAND。
KENJI03の突き抜けるメロディーとTEEDAの英語と日本語をMIXしたRAPを軸に、
新しいROCKサウンドを追求し続ける4人。
 
BAND結成当初から海外にも進出し、アメリカ、ドイツ、カナダ、ヨーロッパ、台湾などでもLIVEを行い、
アグレッシブなパフォーマンスで高い評価を得ている。
 
GReeeeNとのコラボバンドBAReeeeeeeeeeNや、
フロントマン2人が、SoulJa×KenJi03×河北麻友子、倖田來未feat.TEEDAとしての活動など
も行い、縦横無尽に駆け巡っている。
 
バラバラの4つの個性がぶつかり合って生まれるBANDの"CHEMISTRY"は聴く人に笑顔を与え、背中を押し続けている。


2006年
4月 TV東京系 アニメ「エア・ギア」主題歌「Chain」放映。
4月 TV東京「Tokyo!マヨカラ」輝けソング「鼓動」放映。
6月7日 初のシングル『Chain』(cutting edge)を発売、スマッシュヒットとなる。
11月22日 『NEW WORLD』(cutting edge)を発売。高い音楽性が評価される。
12月 東京、大阪、福岡の3箇所で主催イベント「流[ryu]」を開催、成功させる。
12月14日 渋谷club asia「流[ryu]TOUR FINAL」にて結成以来のオリジナル・メンバーMACCHIN(Drs)の最後のステージとなる。

2007年
ICCHAN(Drs)正式加入。
4月アメリカ、テキサス州で行われた「ANIME MATSURI 2007」に出演。
(このライブの模様は、PV「BLAZE LINE」で見ることが出来る。)
6月6日 『BLAZE LINE/a day dreaming...』(cutting edge)発売
(TVアニメ「アイシールド21」OP曲「BLAZE LINE」、ED曲「a day dreaming...」収録のダブルAサイドシングル)
7月4日 ワンマンライブ「CODE001~「BLAZE LINE/a day dreaming...」レコ発」を渋谷O-CRESTで開催。
7月 台湾のロックフェス「FORMOZ FESTIVAL 2007」に出演。
8月 カナダ・バンクーバー「ANIME EVOLUTION 2007」に出演。
10月13日には07年2度目のワンマンライブ「CODE002~「flower」&「Butterfly」
レコ発を渋谷BOXXで開催。
9月19日、最新シングル『flower』『Butterfly』を2枚同時リリース。
『flower』(cutting edge)TVアニメ「アイシールド21」EDテーマ
『Butterfly』(cutting edge)TVドラマ「新宿スワン」主題歌
11月アメリカ・ヴァージニア州アーリントン「ANIME USA」出演。
12月20日、07年3度目のワンマンライブ「CODE003 2007FINAL」を渋谷O-WESTで開催。
2007年を締めくくる。

2008年
05月21日 シングル"Sands of time"リリース
タイトル曲は鬼才三池崇史氏がシリーズ監督を務めるドラマ「ケータイ捜査官7」のエンディングテーマ曲となった
08月07日 夏フェス08に出演(代々木公園野外ステージ)
10月01日 BAReeeeeeeeeeNとして「足跡」をリリース
10月09日 ワンマン"SONIC CONCORD"@SHIBUYA BOXX
11月12日 初のフルアルバムとなる最新作"YES!!!"をリリース

2009年
09年1月にリリースされた「flyaway」では、大人気シリーズのPSP(R)「プレイステーション・ポータブル」専用ソフトウェア
「テイルズ オブ ザ ワールドレディアント マイソロジー2」(発売元:バンダイナムコゲームス)のオープニングテーマとして、ゲーム×CDのコラボレーションを実現し、ゲームファン層からも絶大な支持を獲得。
09年3月に東京、名古屋、大阪の3箇所で"BACK-ON TOUR 2009"、8月にはSUMMER SONIC 09に出演しその圧倒的なライブパフォーマンスで観客、音楽関係者を魅了した。

2010年
2010年1月にはシングル「ONE STEP! feat.mini/Tomorrow never knows」をリリース。
「Tomorrow never knows」は、ダイドーブレンド & デミタス CMソングとしてお茶の間を賑わした。
そして2011年1月にはシングル「TELL ME」をリリース。
4月にアメリカテキサスで開催された「Anime Matsuri」では約3000人のファンを奮い立たせ、ライブバンド"BACK-ON"としての新境地を開いた。

2011年
1月19日にシングル「TELL ME」をリリース。
2月9日リリースの「with you feat.Me」は、feat.に謎のアーティストMeを迎え、「テイルズ オブ」シリーズ「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3」のテーマソングとして話題を博す。

8月17日には最新シングル「Connectus and selfish」をリリース。
1曲の中身が2部構成という新しい試みで、

LIVEや今のBACK-ONをイメージした等身大の曲を表現した。
更に、収録楽曲の「We are... 」がテレビ朝日東北笑顔プロジェクトインフォマーシャルとしてオンエアされる。

同8月17日にリリースされた倖田來未の50枚目のシングル「4 TIMES」にBACK-ONが作曲・演奏に参加した「Poppin' love cocktail feat.TEEDA」が収録され、各音楽番組やa-nationでTEEDA、KENJI03が歌唱で参加。

11月 ICCHAN(Drs)脱退。
 
2012年
5月9日にシングル「Ice cream」をリリース。
朝日放送「今ちゃんの実は・・・」5月エンディング曲となる。
Ice creamは夏を感じさせる爽やかでキャッチーな楽曲で、music clipでは全体の7割をメンバーの演技が占めユーモア溢れる仕上がりとなった。

5月30日に3rdアルバム「Good Job!!」をリリース。
2ndアルバムのロックサウンドを突き詰めた作品から一転、POP・ROCK・ELECTRO・HIP HOPなどバラエティ豊かな音楽性を詰め込んだ1枚に仕上がる。
新しいものを吸収し続け、幅広い音楽性を持つBACK-ONの"第2章のSTART"を感じさせる作品となる。

6月に「Good Job!!TOUR」を東名阪で行う。
3rdアルバム「Good Job!!」と過去の楽曲を織り交ぜ、曲順の中に"ROCK Time"・"ELECTRO Time"・"POP Time"などのセクションを作るスタイルでLIVEを行う。
好きなものは全てやってしまうBANDの多面性を見せつつも、一貫してブレないBACK-ONとしてのメッセージや遊び心を発信したステージとなった。
6月24日の渋谷O-CREST FINAL公演はSOLD OUT